IMPERIAL BYZANTINE
CHARITY BALL and  GALA  BANQUET

2005年


インペリアル ビザンチン 慈善舞踏晩餐会

「ビサンチン皇室 慈善舞踏会」は、すべての宗教を超えた

「超教派」であり、「騎士道」 と 「人類の為の至誠と奉仕」をモットーと 

して世界各地で年に4回開催され、博愛と人道の精神を伝えてきております。

日本ではデヴィ・スカルノ夫人がビザンチンの皇室文化継承及び東西文化

交流の目的と、その趣旨に賛同し、ご参加いただける皆様と一緒に、

世界の平和を願い、日本赤十字社と難民を助ける会に慈善を行うために

開催しております。



The Japanese Red Cross Society
 1877年(明治10年)の西南の役では多くの兵士が傷つき倒れました。同年5月1日、救護団体「博愛社」を起こし、敵味方の区別なく傷病兵の救護にあたりました。                         1886年(明治19年)6月5日、日本政府がジュネーブ条約に加盟し、同年11月15日に国民に公布。翌年5月20日に博愛社から日本赤十字社に改称、同年9月2日には赤十字国際委員会の承認を得て、国際赤十字の仲間入りしました。                    
  さらに、1919年(大正8年)には、赤十字の平時活動を推進する国際十字、赤新月社連盟の創立に参画、今日では戦時・平時の別なく幅広い赤十字活動を推進しています。                    

難民を助ける会は、特定の政治、宗教、思想に偏らず、純粋に人道的な
活動に活動に皆様が共感していただいた結果、今まで活動を継続できた
物と感謝しております。
 今年で創立26周年を迎えます。今では、難民や避難民への支援のみならず、対人地雷廃絶や、被害者支援の活動、そして子供や障害者への援助に重点を置く多彩な支援活動を展開しています。2003年10月には、国税庁からの認定を受け、「認定NPO法人」となりました。
 世界には、人類が挙げて取り組まなくてはならない問題が山積みしています。しかし、課題の大きさや問題の深刻さに圧倒されるだけではいけません。一人ひとりの力が集まれば、必ず大きな力となるのです。ぜひ私たちの活動にご参加くださり、ご支援くださいますようお願い申し上げます。
                  
                     特定非営利活動法人 難民を助ける会                                会長 相馬雪香


インペリアル ビザンチン 慈善舞踏晩餐会

                     2005年9月17日


レディ デヴィ スカルノと
プリンス アンリ コンスタンテン バレオレゴ殿下
プリンセス フランソワーズ パレオロゴ妃殿下
   小池百合子環境大臣閣下のご挨拶    

      ¥2,000

ビザンチンでの模様がこちらに掲載されています
 皆様のお写真なども掲載しておりますので、
 ぜひお求めください


お問い合わせ
Divina Society
潟fヴィーナ・ソサエティ 
〒150-0047 東京都渋谷区神山町31-1
TEL:03-3460-1000 FAX:03-5465-0051



インペリアル ビザンチン 慈善舞踏晩餐会
1999年〜2004年

   
                     美川憲一さんと
     2000年
   

 2001年

                                     目黒裕樹さんと
                    2002年
    
         朝丘雪路さんと
        
                   2003年 
     
                             内田裕也さんと
                   2004年